Menu

骨董を楽しむ―石引きの図小柄 刀装具 金工





この小柄は私が中学生の頃に手に入れたものです。中学生が買えたものですから、高価なものではありませんでした。とは言っても、これを手に入れた時の喜びは、大変に大きなものでした。私は最初は古銭から、骨董の世界に入ったのですが、刀装具というのは憧れではありますが、手の届くものだとは思いませんでした。

それが、骨董店のお婆さんが、手頃な鍔を見繕ってくれて、刀装具の世界にも入れたんですね。

そうこうするうちにこの小柄に出会いました。傷みがあるので安価に手に入れられたのかもしれません。しかし、今見ても、梨地に石を引く3人の人物は、上手に細工されていて、素晴らしい芸術品だと思います。私にとっては国宝級です。

最近では、こんな刀装具を手にすることはなくなりましたが、私が骨董の世界で歩いてきた道筋の一つとして、ご紹介しました。

こちらもどうぞ 

Categories:   金工

Comments

  • Posted: 2020-01-14 06:47

    田中遼

    小柄から小刀を外して、研磨に出して見てはどうですか
  • Posted: 2020-01-14 06:47

    amna a

    僕も、日本刀持っていて、このような、美しい刀装具憧れます!
  • Posted: 2020-01-14 06:47

    仲田優樹

    感動しました!

%d 位部落客按了讚: